AQUA、車いすでも開けやすいユニバーサルデザインの272L冷蔵庫

AQR-271E AQR-271E

アクアは、「AQUA」ブランドの冷蔵庫の新モデルとして、容量272lの「AQR-271E」を3月22日に発売した。

小柄な人でも、車いすに乗ったままでも、最上段に手が届きやすいユニバーサルデザインを採用した冷蔵庫。耐熱100度トップテーブルは幅60cmを採用しており、大きめのオーブンレンジも安定して設置できる。容量は272Lと、2~3人家族での利用に十分な容積を確保した。

また、冷蔵室扉はサイドの取っ手に加えて、扉の上部と下部に手を掛けられる形状を採用。背の高いユーザーは上から、子どもや背の低いユーザーは下に手をかけて、扉を開けることができる。

さらに、車いすでも使いやすいレイアウト設計で、床から冷蔵室の扉下部までの高さ約65cmを確保。車いすで扉を開けても、手すり部分や膝が扉に当たりにくく、最上段の棚にも手が届きやすくなっている。

主な仕様は、消費電力が340kWh/年、定格内容積が272L、冷蔵室が178L(内フレッシュルーム16L)、冷凍室が50L、野菜室が44L。本体サイズは600(幅)×1419(高さ)×667(奥行)mm。重量は60kg。ボディカラーはミスティシルバーとナチュラルホワイト。

価格はオープン。